忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日真夜中/本の整理をしていたら昔好きだった鮎川信夫の詩集が出てきた/久しぶりに読んだら昔以上にグッと心に刺さった
 
ひどく降りはじめた雨のなかを/おまえはただ遠くへ行こうとしていた/死のガードをもとめて/悲しみの街から遠ざかろうとしていた/おまえの濡れた肩を抱きしめたとき/なまぐさい夜風の街が/おれには港のように思えたのだ/船室の灯のひとつひとつを/可憐な魂のノスタルジアにともして/巨大な黒い影が波止場にうずくまっている/おれはずぶ濡れの悔恨をすてて/とおい航海に出よう/背負い袋のようにおまえをひっかついで/航海に出ようとおもった/電線のかすかな唸りが/海を飛んでゆく耳鳴りのようにおもえた

おれたちの夜明けには/疾走する鋼鉄の船が/青い海のなかに二人の運命をうかべているはずであった/ところがおれたちは/何処へも行きはしなかった/安ホテルの窓から/おれは明けがたの街にむかって唾をはいた/疲れた重たい瞼が/灰色の壁のように垂れてきて/おれとおまえのはかない希望と夢を/ガラスの花瓶に閉じこめてしまったのだ/折れた埠頭のさきは/花瓶の腐った水のなかで溶けている/なんだか眠りたりないものが/厭な匂いの薬のように澱んでいるばかりであった/だが昨日の雨は/いつまでもおれたちのひき裂かれた心と/ほてった肉体のあいだの/空虚なメランコリィの谷間にふりつづいている

おれたちはおれたちの神を/おれたちのベッドのなかで絞め殺してしまったのだろうか/おまえはおれの責任について/おれはおまえの責任について考えている/おれは慢性胃腸炎病患者のだらしないネクタィをしめ/おまえは禿鷹風に化粧した小さな顔を/猫背のうえに乗せて/朝の食卓につく/ひびわれた卵のなかの/なかば熟しかけた未来にむかって/おまえは愚劣な謎をふくんだ微笑を浮かべてみせる/おれは憎悪のフォークを突き刺し/ブルジョア的な姦通事件の/あぶらぎった一皿を平らげたような顔をする

窓の風景は/額縁のなかに嵌めこまれている/ああ おれは雨と街路と夜がほしい/夜にならなければ/この倦怠の街の全景を/うまく抱擁することができないのだ/西と東の二つの大戦のあいだに生れて/恋にも革命にも失敗し/急転直下墜落していったあの/イデオロジストの顰め面を窓からつきだしてみる/街は死んでいる/さわやかな朝の風が/頸輪ずれしたおれの咽喉につめたい剃刀をあてる/おれには掘割のそばに立っている人影が/胸をえぐられ/永遠に吠えることのない狼に見えてくる

「繁船ホテルの朝の歌」鮎川信夫

追記
鮎川信夫は1986年10月17日にゲームしながら亡くなったようだ/スーパーマリオブラザーズの最中に昇天されたらしい/享年66歳
PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
okajimax
HP:
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
最新コメント
[09/17 okajimax]
[01/18 photogino]
[09/16 okajimax]
[09/16 photogino]
[06/22 okajimax]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
"okajimax" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.